観光タクシーという選択

観光タクシーという選択 「観光タクシー」をがどういうものであるかを例えるのであれば、バスツアーをタクシーに置き換えたというものと言うのが近しいでしょう。バスツアーでの観光旅行の場合、運転手がバスを運転し、観光スポットへは主にバスガイドが一緒に添乗しながら案内をしてくれます。観光タクシーの場合はタクシーの運転手がガイドも兼ねています。そのため、タクシーの運転手が観光スポットへ連れて行ってくれ、さらには乗車しているお客に観光ガイドまでしてくれます。この部分が、観光バスとの一番の相違点だと言えます。バスと比較すると、観光タクシーの認知度はあまり高くありませんが、旅行での時間を有効に使用し、価値のあるものにするための手助けをする最適な旅行方法の1つと言えるでしょう。

観光バスツアーでは、旅行プランがあらかじめツアー会社によって定められているため、各スポットでの観光時間が限られてしまいます。その点、観光タクシーのであれば要望に応じて臨機応変に対応してくれるので、ご自身のペースでゆっくり周ることも可能です。また、バスでは入ることが出来ないような穴場や、地元のタクシーの運転手だけが知っている、その地域の秘話なども聞けることもあります。

車の種類は、一般的に5種類があります。収容可能人数は、一番大きなジャンボタクシーで9名、小型と中型は4名、福祉タイプは6名までです。小型と中型は、路上を走行している一般的なタクシーと変わりはありません。しかし、中型であれば、車内スペースに若干違いがあり、少し広めで乗り心地もよく、長時間乗っても疲れを感じにくいです。

ハイヤータイプは、通常タクシー車の場合、屋根部分にある「あんどん」と呼ばれる社名の入った看板が無く、車内もゆったりしていて高級感があります。それだけに小型、中型に比べると料金が高くなるため、エグゼクティブ層などや接待などの特別な時に利用することを主な目的としているタイプと言えます。福祉タイプは、車いすに対応したタクシーで、車両に車いす用の昇降機やスロープがついているため、普段から車いすでの移動を余儀なくされている人向けのタクシーです。ワゴン車となるジャンボタイプは、家族や友人グループなどの小規模な団体が利用する際に適しています。

どのようなタイプを選んで利用をするケースでも、あらかじめの予約が必要です。予約の段階で料金の見積もりを算出しますので、利用当日に金銭面でのトラブルになることは滅多にありません。また人気の観光スポットだけを見て回りたい方は、観光タクシーを取り扱っている会社が用意したパターンの観光プランを利用することも出来ます。こうしたプランは、コースごとに時間と料金が決められていて、初めての土地でどこに行っていいのかが分からない方や、訪れる場所を絞りたい方に向いています。

観光タクシーのメリットは、ツアーと違って場合によっては柔軟に対応をしてくれるなどの融通が利くことと、知らない方に気を遣うことなく有意義な時間を過ごせることです。また、荷物などを持ち歩く必要もないので、身軽に過ごすことも出来ます。種類によって差はありますが、料金もタクシー1台分なので、複数人で利用した場合、ツアー料金よりも1人あたりの金額が安くなることがあります。ベテランのドライバーが運転とガイドを行うため、移動中はとても快適で、しかも地元に密着した人ならではの説明を聞くことが出来ます。

ガイドブックを片手に公共交通機関を乗り継ぎながら目的地を目指す旅行も、ツアーを利用して気軽に楽しむ旅行も、どちらにも旅の良さがあります。そのどちらにも当てはまらない観光タクシーですが、その快適さと充実さはきっと旅を満足させるアイテムの1つとなることでしょう。

最新ニュース